カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハイレゾ(Hi-Res)音源

□ハイレゾ(Hi-Res)音源とは

ハイレゾとは、High(高い) Resolution(解像度)のことをさします。
ハイレゾ音源はHigh Resolutionな音源、つまり高い解像度の音楽データを意味します。
デジタルオーディオでは、サンプリング周波数と量子化ビット数によってオーディオ(音声)信号のクオリティが決まります。
サンプリング周波数とは、アナログのオーディオ信号を1秒間に何回デジタル信号に変換するかの回数で、数値が高いほどより細かい大きなデータとして取り扱われることになります。

CDでは、サンプリング周波数は44.1kHzでCDのサンプリング周波数と比較すると96kHzのサンプリング周波数では2倍以上、192kHzでは4倍以上のきめ細かい大きなデータとなります。
量子化ビット数は、アナログ信号をデジタツ信号に変換する際に音の強弱を階調に変えて段階を表す数値となり、数値が大きいほど元の音源信号に近いものになり、より細かな音、より大きな音の変化にまで変換することが可能になり、BDでの24bitの場合はCDと比較して約256倍の階調で音の強弱に対応できます。
このようにサンプリング周波数と量子化ビット数で従来のCDと比べてより高い解像度に変換し、音源により近づけたオーディがハイレゾ音源となります。